予約状況
場所 滋賀県工業技術総合センター(栗東) 電話:077-558-1500
料金表コード S28
機器/試験名称 熱分析装置
商品名 熱分析装置
メーカ名 株式会社 リガク
型式 Thermo plus EVO (示差熱天秤 TG-DTA Smart Loader、 水蒸気雰囲気熱機械分析装置 TMA/HUM-1)
仕様 ※平成21年4月より県外企業の料金が2倍になっております(関西広域連合構成府県は除外)。

■示差熱天秤 TG-DTA Smart Loader
 温  度: 室温から1,000℃(アルミパン〜500℃ 白金パン 〜1000℃)
 昇温速度: 100℃/min (MAX)
 サンプルパン: φ5×2.5、50μl
 雰囲気 : N2、空気(自動切り替え可能)
 オートサンプラー: サンプル数24個、リファレンス数3個
※試料は、固体の場合は粉体、固まりなど形状によりデータが変わる事があるのでご注意下さい。

■水蒸気雰囲気 熱機械分析装置 TMA/HUM-1
 測定方法: 圧縮、フィルムの引っ張り、針侵入
 温  度: RT〜40℃(湿度コントロール用炉) 
 雰囲気 : N2、湿度コントロール
 昇温速度: -5℃/min〜20℃/min(低温炉) 最大20℃/min(湿度コントロール用炉)【通常、湿度コントロール時は温度一定で測定】
 荷  重: 1mN〜980mN
・圧縮測定
 試  料: φ5×10〜20mmの円柱(標準) 最大φ9mmの円柱、角柱状で自立する事
 測定方式: 示差膨張方式
・引張測定
 試 料:厚さ0.1〜0.02mm、幅5mm、長さ14 or 19 or 24mm(内4mmはチャック用)
・針侵入
 試 料:試料ホルダーφ5×4mm に収まるサイズであり、上下の平行度が良いこと
 ピ ン:φ0.5、φ1

■■平成20年度競輪補助物件■■

備考 ■下記ページ右アイコンの 「試験研究用設備使用申請書.pdf」 の上部枠内を記入頂きお持ち頂くと受付がスムーズです。
http://www.shiga-irc.go.jp/activities/opening_facilities/

■データ(X,Y1,Y2・・・のテキスト)の持ち帰りは、新品のCD-RW、CD-R、フロッピーディスクを持参いただければ、エクセル等で波形表示が可能です(USBメモリは使用出来ません)。


滋賀県東北部工業技術センターにも同様の装置(DSC,TG-DTA,TMA)があります。
http://info.shiga-irc.go.jp/public/115m00_bihin.php?kinou=list&KNO=S06&SCD=4&RtKbn=2-3

高温対応型(TG-DTA〜1,100℃、TMA〜1,200℃)は信楽窯業技術試験場をご利用ください。
http://info.shiga-irc.go.jp/public/115m00_bihin.php?kinou=list&KNO=V24&SCD=2&RtKbn=1-2
用途 各種雰囲気下で試料の温度を等速で上げながら、試料の重量変化と発熱・吸熱量の測定(TG-DTA)や物質の変形の測定(TMA)を行う
取得日 平成20年12月25日 (2008年12月25日)
設置場所 高分子化学試験室
使用料 1640円 / 時間

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。

使用料(増分) -------

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。