設備機器詳細

予約状況
場所 滋賀県工業技術総合センター(栗東) 電話:077-558-1500
料金表コード B04
機器/試験名称 絶縁抵抗計
商品名 ハイ・レジスタンス・メータ
メーカ名 Agilent Technologies
型式 4339B
仕様 【留意事項】
 本装置は、非常に高い抵抗まで測定可能にするために(=非常に微小な電流
を測定可能にするために)、使用前に測定器本体の校正作業および測定治具
(レジスティビティ・セル)の補正作業が必要です。そのため、測定前に校正
および補正作業に時間を要します(所要時間約30分)。
 また、初めてご使用の方は、上記作業とともに、機器の取り扱い説明の時間
も合わせて要しますので、測定の前に約1時間要することにご留意下さい。

■概要
 本装置は、JIS K6911「熱硬化性プラスチック一般試験方法」の抵抗率測定に
準拠した測定器です(定電圧測定)。

■測定レンジ:1×10^3〜1.6×10^16Ω(測定器直読の抵抗値の測定レンジ)
【留意事項】
 1)測定レンジは、印加電圧に依存して変化します。
   ・高抵抗レンジ測定 → 印加電圧を高くする必要あり
   ・低抵抗レンジ測定 → 印加電圧を低くする必要あり
 2)表面抵抗率(ρs)および体積抵抗率(ρv)は、測定器直読の抵抗値
   の値に、治具に依存する補正係数を掛けた値により算出されるため、
   各抵抗率の測定レンジは、直読の抵抗値の測定レンジとは異なります。

■印加電圧:500V(JIS K6911に規定)
      (※上記以外ではDC0〜1000Vから任意の電圧が選択可能ですが、
       500V以外の印加電圧ではJIS K6911からは外れます)

■試料寸法:100mmX100mm(JIS K6911に規定:事前にこの寸法にカットしておくこと)

■試料厚さ:10μmm〜10mm

■測定治具:レジスティビティ・セル「16008B」(JIS K6911 準拠)
 ・最大体積抵抗率:4.0X10^18Ω*cm
 ・最大表面抵抗率:4.0X10^17Ω/□(=Ω/sq.)
   ※各抵抗率の測定値の上限値および下限値は、測定電圧と試料厚さに依存します。
 
備考 校正日:2016.2.17

■下記ページ右アイコンの 「試験研究用設備使用申請書.pdf」 の上部枠内を記入頂きお持ち頂くと受付がスムーズです。
http://www.shiga-irc.go.jp/activities/opening_facilities/
用途 表面抵抗率測定 体積抵抗率測定 絶縁抵抗測定
取得日 平成14年1月21日 (2002年1月21日)
設置場所 電気計測室
使用料 280円 / 時間

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。

使用料(増分) -------

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。