設備機器詳細

場所 滋賀県工業技術総合センター(栗東) 電話:077-558-1500
料金表コード L19
機器/試験名称 デュロメータ硬さ試験機
商品名 デュロメータ硬さ試験機
メーカ名 ツビック社
型式 A-3115、D-3117
仕様 プラスチック(shoreD:HDD)・ゴム等(shoreA:HDA)のデュロメータ硬さ試験(針入方式)

試料接触面積(加圧基準面):直径9mm(D)、18mm(A)
試験片:上下面が平行が必須:厚6mm□25mm以上
    比較など規格外測定は、厚3mm 加圧基準面径 程度でも可能な場合あり。ただし、測定面が凸の場合は比較試験可能。凹の場合は比較試験も困難。

JIS K7215 に対応 (http://www.jisc.go.jp/で確認下さい)
備考 ※Оリングのように曲面での測定や直径が9mm以下の小さな試料は滋賀県東北部工業技術センター(長浜)のO01全自動マイクロゴム硬度計をご利用ください。
http://info.shiga-irc.go.jp/public/115m00_bihin.php?kinou=list&KNO=O10&SCD=4&RtKbn=2-3


※ゴムの硬さ試験方法には、この他に国際ゴム硬さ試験、IRHDポケット硬さ、スプリング式硬さ試験(廃止JIS6253)があるので、ご注意下さい。

プラスチックの硬さ試験方法には、この他にロックウェル硬さ(M,L,Rスケール)なども利用されます。
http://info.shiga-irc.go.jp/public/115m00_bihin.php?kinou=view&KID=1008&SCD=1&RtKbn=1-1


■ショア硬さと呼ばれる事も多いので、金属用のショア硬さと混同しないように注意下さい。

プラスチックでも軟質なものは、Aで測定される事もあるのでHDA,HDDの違いを確認ください。



■下記ページ右アイコンの 「試験研究用設備使用申請書.pdf」 の上部枠内を記入頂きお持ち頂くと受付がスムーズです。
http://www.shiga-irc.go.jp/activities/opening_facilities/

用途 試験、材料試験、硬さ、硬度、硬さ試験、硬度試験、デュロメータ
取得日 昭和60年4月1日 (1985年4月1日)
設置場所 物理試験室
使用料 390円 / 時間

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。

使用料(増分) -------

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。