設備機器詳細

予約状況
場所 滋賀県工業技術総合センター(栗東) 電話:077-558-1500
料金表コード S35
機器/試験名称 赤外分光光度計(FT−IR)
商品名 フーリエ変換赤外分光分析装置
メーカ名 パーキンエルマー
型式 Spectrum One
仕様 ●顕微最大試料寸法:50程度×50程度×7mm通常(30mm;脱カセグレン時)
●波数範囲4000〜650cm-1(2,500〜15,385nm)
   (顕微システム)4000〜800cm-1(2,500〜12,500nm)
●一回反射ATR、顕微ATR測定。
  固体・液体用多重反射ATR、透過測定(定量など特殊用途)、鏡面反射測定も可能。
  縦軸:透過率(%、or吸光度)、横軸:波数cm-1(カイザー:波長の逆数)

■上記波長範囲よりも短い波長は、自記分光光度計をご利用ください。
 http://info.shiga-irc.go.jp/public/115m00_bihin.php?kinou=list&KNO=S04&SCD=1&RtKbn=1-1

※県外(関西広域連合を除く)の企業は料金が2倍になります。
 未使用のCD-Rのみデータ保存可能です。
 一般名称は赤外分光光度計(略称:IR)
備考 ●ご注意
・データのお持ち帰りには「未使用CD-R」のみ利用可能です。 「USB」、「再利用CD-R」等は使用いただけません。

・初めてご使用頂く方には測定方法をお伝えします。2回目以降のご利用は、利用者自らで測定をお願いします。
 なお、これまでご利用いただきました会社様から、新たに初めてのご利用の方につきましては、これまでにご利用いただきました方と操作方法の引継ぎをお願いいたします。

・測定サンプルだけでなく、同種と思われる【比較サンプル】などを持参下さい。特に異物や混合物などの場合は、原因と想定される全ての物質を持参下さい。

・現物が大きくて持ち込めない場合の異物・汚れの採取は、ガラスプレート、プラスチックプレート、フィルム、ヘラ等にかき取って下さい。※布などで拭き取ったり、粘着テープに付けるのは、測定がほぼ不可能になるので避けて下さい。

・顕微測定(試料サイズ・測定部分が1mm以下)の場合は、予約時に相談下さい。

・初めての測定は、3点で1時間を目安に予約をお願いいたします。

・本装置は、予約時間に応じて利用料金をお支払いください。(早く終了いただきましても予約時間分をお支払いいただきます)

・必ず予約時間内に分析・データの保存等終了してください。

■下記ページ右アイコンの 「試験研究用設備使用申請書.pdf」 の上部枠内を記入頂きお持ち頂くと受付がスムーズです。
http://www.shiga-irc.go.jp/activities/opening_facilities/

■データ(波数-透過率の数値データ&印刷出力PDF)を持ち帰る場合は未使用CD-Rのみ利用可能です。USBメモリは利用出来ません。
紙資源節約のため、印刷イメージをPDF出力してCD-R等でお持ち帰り下さい。

・利用の多い装置です。予約は必要時間でお願いします。予約時間以内に終了でも、予約いただきましたお時間の設備使用料金をいただきます。
キャンセルは出来るだけ早くご連絡いただくようお願いいたします。 
用途 有機物の定性分析(プラスチック、ゴム、繊維、油、食品等の主成分の判定など)、物質の赤外光の透過率測定、異物分析
取得日 平成11年3月30日 (1999年3月30日)
設置場所 分光測定室
使用料 1190円 / 時間

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。

使用料(増分) -------

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。