設備機器詳細

予約状況
場所 滋賀県工業技術総合センター(栗東) 電話:077-558-1500
料金表コード S36
機器/試験名称 熱分析ガスクロマトグラフ質量分析装置
商品名 熱分解ガスクロマトグラフ質量分析計
メーカ名 島津製作所
型式 GCMS-QP2010 Plus
仕様 イオン化法 EI
四重極型質量分離装置
質量範囲 m/z 1.5〜1090
ダブルショット・パイロライザー(フロンティア・ラボ PY-2020iD)
マイクロジェット・クライオトラップ(フロンティア・ラボ MJT-1030E)

利用用途:ポリマーを熱分解して発生する分解生成物の構造を分析することで、ポリマーの構造を推定することができます。
試料を所定の温度(多くは100〜300℃)に保ち、熱脱着する添加剤(可塑剤など)の分析も可能です。
また、マイクロシリンジ、オートインジェクタによる液体試料の導入、分析も可能です(水溶液は不可)。

当センター常備のカラム以外に、カラムの持ち込みも可能ですのでご相談ください。

[常備カラム]
Frontier Lab UltraALLOY-5(MS/HT) (内径 0.25 mm, 膜厚 0.25 μm, 長さ 30 m)
Restek Rtx-WAX (内径 0.25 mm, 膜厚 0.25 μm, 長さ 30 m)

■■平成20年度競輪補助物件■■
備考 一般名称:GCMS, GC-MS, GC/MS, ガスクロマトグラフ質量分析装置, Py-GCMS


■下記ページ右アイコンの 「試験研究用設備使用申請書.pdf」 の上部枠内を記入頂きお持ち頂くと受付がスムーズです。
http://www.shiga-irc.go.jp/activities/opening_facilities/

用途 樹脂の熱分解により発生するガスの分析。揮発性有機物の分析。
取得日 平成20年12月26日 (2008年12月26日)
設置場所 高分子化学試験室
使用料 2710円 / 時間

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。

使用料(増分) -------

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。