X線検査装置(SMX-2000)の内部

( pdf形式、173KB )

マイクロフォーカスX線透視装置(SMX-2000)による透視画像例

( pdf形式、95KB )

X線管電圧とサンプル透過厚

( pdf形式、49KB )

マイクロフォーカスX線透視装置 SMX-2000 (島津製作所)

( 外部サイト )

予約状況
場所 滋賀県工業技術総合センター(栗東) 電話:077-558-1500
料金表コード M12
機器/試験名称 マイクロフォーカスX線透視装置
商品名 マイクロフォーカスX線透視装置
メーカ名 (株)島津製作所
型式 SMX-2000
仕様 *******************************************************************
本透視装置では、観察物の内部構造や欠陥等の断面画像や三次元画像を作成することはでき
ません(透視観察専用です)。
このような観察にはX線CT装置を使用する必要があります。
滋賀県東北部工業技術センター(彦根庁舎)には「X線CTシステム」がございますので、
そちらまでお問い合わせください。

〇X線CTシステム(滋賀県東北部工業技術センター(彦根) 電話:0749-22-2325)
https://info.shiga-irc.go.jp/public/117m00_bihin.php?kinou=list&KNO=PA1&SCD=8&RtKbn=2-..
*******************************************************************


空間分解能:1μm
搭載可能サイズ:横470×奥行420×高さ100mm
サンプル質量:最大5kg
X線出力:最大管電圧 160kV / 最大管電流 200μA / 定格出力 21W
表示拡大率:8,700倍
透視視野:□0.042mm 〜 □13.7mm
空間分解能:1μm
パノラマ撮影:最大10視野×10視野
計測機能:BGA計測、面積比率計測、ワイヤ流れ率計測、オブジェクト計測、寸法計測
画像出力:CD-R(USBメモリは使用できません。新品のCD-Rをご持参ください)



■■平成20年度競輪補助物件■■
備考 ※マイクロフォーカス検査装置(電子部品の検査を主目的としたもの)のため、大物部品や金属肉厚部品の検査には適しません。
※本装置による透視検査性能を確認する意味から、良品サンプルをお持ちいただくことをお勧めします。

★撮影した透視画像ファイル(JPEG)をお持ち帰りになられる場合には、新品のCD-Rをご持参下さい(USBメモリはご利用いただけません)。
★本装置にはエージングに要した時間(20分〜1時間)の使用料が別途加算されます。


■下記ページ右アイコンの 「試験研究用設備使用申請書.pdf」 の上部枠内を記入頂きお持ち頂くと受付がスムーズです。
http://www.shiga-irc.go.jp/activities/opening_facilities/
用途 非破壊検査 内部透視 内部観察 欠陥検査 X線テレビ
取得日 平成21年1月23日 (2009年1月23日)
設置場所 1F内部観察室
使用料 3290円 / 時間

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。

使用料(増分) 2000円 / 時間

※県外(関西広域連合は除く)からの申請につきましては、2倍の使用料・手数料となります。